So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪杯はキタサンブラックが優勝 [競馬]

昨年までGⅡだった大阪杯がGⅠに格上げになって、初代チャンピオンを
目指すと言っていた武豊騎手の言葉通り、三番手からスタートして先行策
を取ったキタサンブラックが4コーナーを過ぎてからの直線で逃げていた
マルターズアポジーを抜き去り、そのまま一着でゴールしました。



一昨年の菊花賞、昨年の天皇賞・春、ジャパンカップに続いてGⅠ四勝目
今年は大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念の古馬三冠がありますから、三冠馬
挑戦の資格も取りました。


キタサンブラックは現在の日本の競馬界では、もっとも主流となっている
ディープインパクトと全く同じ両親を持つブラックタイドの仔なんですが
社台スタリオンセンターで繋養されているディープインパクトの種付け料
が2000万円であるのに対して、現役時代の成績は今一つパッとしない
ブラックタイドはかなり安く種付けが可能な隠れスーパーサイヤーだった
ことが今回のレースでさらに確実になりましたね。



血統を研究したのかどうかはわかりませんが、キタサンブラックを牧場で
見つけた北島三郎さんの相馬眼はすごいということですね。

今回2000メートルの大阪杯で勝ったことから、皐月賞から菊花賞まで
全ての距離に適性があるクラシック向きの種牡馬ということで、今までの
評価以上になったわけですからブラックタイドとの交配を希望する牧場は
昨年の101頭を超えることは間違いないような気がします。
※ちなみに種付け料は200万円でディープインパクトの十分の一です。

次は天皇賞・春ということで3200メートルの長距離レースになるため
大阪杯以上に有利にレースができるのではないかと思っています。

次走では北島三郎さんの「まつり」が聴けるのかな。

誰も書かなかった 武豊 決断 (一般書)
誰も書かなかった 武豊 決断 (一般書)島田明宏

徳間書店 2014-04-16
売り上げランキング : 247923

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
勝負師の極意 騎手の一分――競馬界の真実 (講談社現代新書) 「勝つ」ための思考法~続・勝負師の極意~ ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件 世界一の馬をつくる 競馬番長のぶっちゃけ話 騎手仲間編 (宝島SUGOI文庫) Number(ナンバー)913号 武豊 四千勝のすべて。 Yutaka Take 4000 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 競走馬の科学―速い馬とはこういう馬だ (ブルーバックス) 黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語 的中への最短ルート! この父 このテキ この鞍上 この馬主



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。





Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved