So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年のマクラーレン・ホンダ [モータースポーツ]

2015年は久し振りの復帰ということで、プレシーズンテストでトラブルが
多発しても実質的な初年度だから仕方ないという雰囲気があったのは確か
で、シーズンが始まってからも途中で休止することなく毎年継続して走り
続けてきたフェラーリメルセデスとの差を強く感じた一年でした。



実際にレースに出走したフェルナンド・アロンソもジェンソン・バトンも
年間チャンピオンの経験者であり、マクラーレン製のシャシーとホンダ
エンジンがベストマッチングであれば、復帰した年から表彰台の常連組に
入ることが出来るだけの布陣だったと思いますが、開幕前の合同テストで
満足に走ることが出来なかった車を見て、大いに失望したものでした。


そして2016年、経験不足という言い訳は通用しない二年目ですが、前年の
惨憺たる状況からは改善が見られたものの合同テストではトラブルが続き
二年目も表彰台どころか上位入賞は難しそうな感じだなと思いました。



フェルナンド・アロンソが車体が宙を飛ぶほどの大きな事故に遭遇しても
自力で車から出てくるという幸運な出来事はありましたが、この大事故で
運を使い果たしてしまったような感じで、パワー不足を補えるので有利と
言われていたモナコGPでもテクニカルコース上での見せ場なくレースは
終わり、シーズンの終了と共にNo2ドライバーのジェンソン・バトンは
事実上の引退を発表して、2017年の復活も難しそうだなと感じました。

そして2017年になり、今年こそはと期待したスペインでのテストでは初日
からトラブル続きとなり、最終日までの周回数はフェラーリが956周で
メルセデスが1096周だったのに対して、マクラーレン・ホンダは半分
以下の425周という結果になっていますから、満足にデータ収集さえも
出来ていないのが今シーズンの実績ということになります。

mclaren-mcl32.jpg

マクラーレンが2024年までのホンダとの契約を途中で打ち切るという噂が
出ていることに対して、契約を切るつもりは全くないと否定していますが
フェルナンド・アロンソがエンジンのパワー不足と信頼性が不足している
とチームを批判していることは確かですからね、勝てないという事実の前
に噂話の領域を出ないはずのホンダ撤退という話も全くないとは言えない
ように感じていますし、テストで首位になったフェラーリとのタイム差の
2.7秒はそれだけの重みのある大差だと言うことでしょう。

二度あることは三度あるではなく、三度目の正直になることを望みます。

2017 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 臨時増刊)
2017 F1全チーム&マシン完全ガイド (auto sport 臨時増刊)
三栄書房 2017-03-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
AUTO SPORT 2017年 3/17号 No.1451 Toleman TG184 (GP Car Story Vol.19) F1速報 2017年 NEWマシン情報号 F1速報 2017年 3/30 号 [雑誌] F1速報 2017年 シーズン展望号 AUTOSPORT(オートスポーツ) 2017年 3/31 号 [雑誌] 90年代レーシングカーのすべて vol.2 (1996-1999) AUTOSPORT 2017年3月3日号 (オートスポーツ) F1マシンコレクション全国版(5) 2017年 4/4 号 [雑誌] F1速報 2017 オフシーズン情報号 (エフワン)



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。





Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved