So-net無料ブログ作成
検索選択

ASKAを陥れた警察の陰謀 [スキャンダル]

覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された
歌手のASKAが東京地検の不起訴処分の判断より釈放されました。

ASKA1612.jpg

元々、逮捕される前から100%覚醒剤は使用していないと発言していた
にも関わらず、任意提出の尿の中から覚せい剤が検出されたためASKA
を逮捕するとメディアに対して情報を流したこと自体、ASKAを晒し者
にしようという警察の意図が感じられて不気味な感じでしたが、覚醒剤が
検出されたのはASKAの尿だと立証できなかったということは逆の見方
をすれば覚醒剤入りの検体を事前に用意していた証拠なわけですよね。


本人が尿として提出した検体を鑑定もしないで覚醒剤反応が出ましたって
そんなのフィリピンの悪徳警察官の手口そのままじゃないですか。
本当に鑑定したのなら、どうして尿ではなくお茶なんか提出したんだ!と
問題になったはずですが、そうならなかったということは単純に廃棄して
陽性結果が出たという結果だけが欲しかったんですよね。
もうどうしようもない組織犯罪じゃないですか、関係した警察官を市民が
逮捕して事実関係を聞き出して公表するべきです

メディアは詳しくは報道していませんが、ASKAは尿の任意提出の際に
採尿コップにお茶を入れて提出したと発言していることから、警察が証拠
として持ち帰ったお茶の中からは覚醒剤成分などは出るわけがないわけで
この時点でASKAの100%ないという発言は正しいわけです。

逮捕された後で、あれはお茶だったと言われた警察官は再度、尿検査のみ
ならず毛髪の薬物滞留検査もしたはずですが、どらちも覚醒剤成分は検出
されなかった、さらには滞在していたホテルや自宅から持ち帰った押収品
の中からも覚醒剤に関係するものは見つけられなかったのでしょう。

警察の完敗というか、ASKAを薬物中毒者に仕立て上げるのに失敗した
ということで、日本の警察も麻薬戦争中のフィリピンと大差なく、警察が
前科者に罪を擦り付けて人目に晒すことで、政治家たちのでたらめな年金
法案やカジノ法案の採決から国民の意識を逸らそうとしたと見ています。

本当に気骨のあるジャーナリストなら、今回の逮捕の裏で政治家達が画策
した巨悪隠しの陰謀を暴けるんじゃないでしょうか。

それでも大々的に発表した以上、起訴しないわけにはいかないため検察庁
に書類を送ったものの証拠不十分で突き返されたため、警察署に留め置く
理由もなくなったので釈放したということでしょう。

事前に証拠を用意していることを予測してお茶を提出したASKAは冷静
に警察の不正を暴いたわけで、薬物中毒で意味不明なことを言っていたと
証言していた警察やテレビ局の関係者、さらには歌手を止めろと偉そうに
言っていたテリー伊藤なんていう間抜けな元プロデューサーは全員一緒に
頭を丸めて仏門にでも入ってそのまま一生出てくるなと言いたいです。



タクシー会社が都合よくASKAの車内の様子を撮影して放送局に映像を
売ったのも、実は事前に警察から要請されて仕組まれていたかも知れない
と考えるとタイミングが良すぎる映像データの公開も、辻褄が合うわけで
警察とメディアが作り出した事件とも言えるわけで、国家機関が主体的に
引き起こした謀略として今年最大の事件にするべきことだと思います。

ちなみに映像を売り渡したタクシー会社は三陽自動車交通。
そして映像を入手したフジテレビは、このタクシードライバーを九時間半
も拘束して、半ば脅迫に近い態度で入手したという話があります。

安倍政権に擦り寄って、国会審議を中継せずに韓国の大統領弾劾デモとか
芸能人の不倫なんて日本国民にほとんど関係のない話題をしつこいぐらい
垂れ流し、安藤優子や坂上忍など政権批判などなにもできないヘタレ共と
安倍晋三の寿司友と呼ばれ、田崎スシローとも揶揄されている時事通信の
御用記者の田崎史郎に解説をさせているフジテレビですからね。



やはりASKA逮捕の裏では国民の目を国会に向けさせたくない政権側の
謀略があったと見るべきで、それを見破ったASKAはジャーナリズムが
適切に機能している国なら英雄になっていたはずです。

警察捜査の正体 (講談社現代新書)
警察捜査の正体 (講談社現代新書)原田 宏二

講談社 2016-01-20
売り上げランキング : 32822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
残念な警察官 内部の視点で読み解く組織の失敗学 (光文社新書) 警察と暴力団 癒着の構造 (双葉新書) 恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫) 日本の公安警察 (講談社現代新書) たたかう警官 (ハルキ文庫) 真実  新聞が警察に跪いた日 (角川文庫) 元警察署長が教えるお巡りさんの上手な使い方 警察は本当に「動いてくれない」のか (経営者新書) 週刊ダイヤモンド 2016 年 7/30 号 [雑誌] (日本の警察) 警察崩壊 つくられた“正義



nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 15

コメント 2

cheese999

アッペ・チンゾーこそ、日本をダメにした奴として、有罪にしてもらいたい。。(^_0)ノ
by cheese999 (2016-12-20 06:16) 

suzuran

cheese999さん:
コメントありがとうございます。

100%賛成します。

北方領土問題をないことにして、3000億円を差し上げるなんて
盗人に追い銭とはまさにこのことだと思います。

それでもアベシンパ、特に産経新聞などはプーチン大統領との
会食でさえも安倍の功績だと書いていますが、本来の右翼民族派は
北方領土をくれてやることになど賛成するはずもなく、産経新聞自体
保守と言いながら要するに権力者に擦り寄るコバンザメ新聞だという
無様な醜態をさらしたと思っています。

こういうデタラメを覆い隠すために利用されたASKAや高樹沙耶など
芸能人は本当に薬物中毒なのか、御用メディア以外が深堀をして
公開して欲しいものだと思います。

by suzuran (2016-12-23 00:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。





Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved