So-net無料ブログ作成
検索選択

あなたは被害者じゃない加害者だ [スキャンダル]

川谷絵音と同じく自己愛に溺れかけている長谷川豊が、ほんの二週間ほど
の間に全ての番組8本から降板し、レギュラー番組が0になりました。

hasegawa_1610.jpg

人工透析患者の多くが日頃の不摂生が原因だと決めつけ、医療費を個人に
負担させ、出来ない人は「殺せ」と表現したブログを発表し、いろいろな
方面から批判があっても謝罪する気などないと高飛車に構えていましたが
結果として世間からは生ごみ程度の扱いを受けて表舞台から消えました。

全国腎臓病協議会から正式な抗議文を送付されてもなお、全腎協の抗議文
を「おマヌケにしか見えない」と批判していましたが、本当のおマヌケは
自分自身だったという笑えないオチまで付けてくれました。


毎度の炎上商法と批判された際には、炎上で稼がなきゃいけないほどお金
に困ってません(断言)。テレビレギュラー週8本をなめんなよ。面白い
のでほっといてますけど。と意に介さない態度を装っていましたが、後に
態度を変えて各方面に必死で謝罪していたことも伝えられていますが結局
腎臓透析患者が身近にいる人や患者本人からすれば、横柄で高飛車な本性
が曝け出されているような謝罪をされても許すことは出来ないでしょう。

自分の不手際を棚に上げ、ネット上の住民たちがテレビに出ている人間を
引きずり下ろすゲームに巻き込まれたと自分は被害者であることを主張し
ゲーム感覚の人間や歪んだ政治運動家たちの抗議行動によってテレビ局も
抗しきれず、長谷川豊を100%擁護して、番組の継続をしようとしたが
テレビ局の株主に圧力をかけるようなツイートが拡散したために、番組の
降板をするしかなかったと、あくまでも自分はネット上の無分別な批判に
よって辞めさせられたと本気で思っている愚か者のようです。

勝手に想像上で作り上げた、ネット上のみんなにむかって呼びかけている
文も公開されていますが、読むと本当に支離滅裂なんですよね。

乗っかって、僕を叩いて、ご覧のように僕はテレビの仕事を失いました。
これでみんなに何か残ったか?君らに何かプラスがあったか?君らが
ネットにうっ憤を晴らすしかできなくなったのは、社会のせいじゃない。
君ら自身の性格や努力不足のせいだ。
下らないネットいじめに乗っかって、必死にパソコンを打つの、いい加減
もう辞めときな。言いたいことや不満があるなら、これからは直接僕に
言いに来い。そんなことまではする気はないだろ?

文章を読むと自分が得をしないことしか長谷川豊はしないようですね。
でも、社会的に明らかな弱者(人工透析をしなければ患者は死にますから
当然保護される立場でしょう)を正しい認識もないまま、自己責任だから
死ねと言い放つことに対して反感を持つ人は当然いるわけで、そのことに
対して批判したり抗議をするのは金儲けのためでも、うっ憤晴らしのため
でもないことぐらい、普通の感性があればわかるはずです。

自分の発言に対して批判を受けたら、ネット上の苛めや個人の努力不足に
すり替えるという自己愛、幸せ脳をもっているような人はなかなかいない
と思いますし、直接僕に言いに来いと喧嘩を売った割には、挑発した直後
にそんなことまでする気はないだろ?と逃げ場を作っているのが小賢しい
と思いますが、本人はそれにも気付いていないことでしょう。

被害者面する加害者ほど、ふてぶてしいわけで本当に長谷川豊という人は
名前の割に感性も知識も豊かではなくて心が貧困な人のようです。

直接言いに来いと言うなら、住所・氏名・家までの地図ぐらいは公表して
在宅時間を示すぐらいはしなければ負け犬の遠吠えです。

認知症の人の医療選択と意思決定支援
認知症の人の医療選択と意思決定支援成本 迅 「認知症高齢者の医療選択をサポートするシステムの開発」プロジェクト

クリエイツかもがわ 2016-03-25
売り上げランキング : 52091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
看護実践能力習熟段階に沿った 急性期病院でのステップアップ認知症看護 認知症の語り ―本人と家族による200のエピソード 患者中心の意思決定支援―納得して決めるためのケア 認知症ケアガイドブック 急性期にある認知症高齢者―安心・安全を届けるかかわり (SERIES.看護のエスプリ) 認知症 医療の限界、ケアの可能性 「ユマニチュード」という革命: なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか 高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン 2012年版―人工的水分・栄養補給の導入を中心として 認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ (介護ライブラリー) 高齢者ケアと人工栄養を考える―本人・家族のための意思決定プロセスノート



nice!(42)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 42

コメント 2

zoo

この夏から透析をすることになってしまいました…。原因?遺伝です。母親が「多発性膿胞腎」という難病(母親が発症した当時はまだ難病指定ではなかった)のため透析となりすでに死亡しております。私に見事にまで遺伝してましたよ。「青は藍より出でて藍より青し」このとおりですわ。母親が透析になった年齢より7年も早く透析導入となり週3日、一回4時間の透析をしております。この長谷川の件はもちろん知ってましたが「てめえ!太い針2本刺して4時間ベッドでジッとしててみろ!不摂生してたわけどめえのになんでこんな目にあわなきゃならんのだ!」ととりあえずは言いたいです。
by zoo (2016-10-11 23:05) 

suzuran

zooさん:
コメントありがとうございます。お久しぶりです。
うちの父親もすでに他界していますが透析をしていました。

タバコは吸いましたが、特に不摂生というわけでもなく肺水腫を
発症して救急車で病院に運ばれた際に、医師から腎臓が両方とも
ほとんど機能していないと言われて、透析が始まりました。

他界した理由は腎臓ではなく腹部動脈瘤破裂でしたから透析で
寿命が縮まるということはないようですね。

長谷川豊は医療問題を追及していくと言っていたようですが、
医療そのものに対する問題提起ではなく、実際に治療を受けて
不自由な思いをしている患者の人たちに対して、暴言と言うか
人として想像力のない発言をしたのですから仕事から干されて
当然であると思いますし、自分自身が生きるか死ぬかの思いを
すれば良いと思っています。

自由が制限されることでストレスもあるかと思いますが、
遺伝性疾患では生活習慣病というわけでもないですから
気分転換も簡単ではないかも知れませんね。
不条理な感覚はあるかと思いますがお大事にして下さい。

by suzuran (2016-10-12 02:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。





Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved